読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meimitomochika’s blog

I just wanna be happy

自由な人生- I am the master of my fate, I am the captain of my soul-

言葉を読む、理解するということ

Good morning my friends!!
(みなさんおはようございます!)

How have you been?
(最近どんな感じでした?)


みなさん元気でした?更新を急に何日か間を空けてしまいましたが、実はちゃんとした理由があります。
そうなんです、気分が乗らなかったんです。。。笑

 

あっでもちゃんと今日はトピック用意してあります。議論するのにちょうどいい題材を見つけたんで書くことにしました。

電通で勤務をしていて過酷な残業や勤務が続いた結果、遺書を残しクリスマス前に自殺をした方のご遺族が会見をしたニュースが今流れていますね。ご遺族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。

その流れから過労死に対する色々な意見がネットでは飛び交っています。そして様々な方が電通に対する嫌悪感を表したり、批評をされているのをネット上で目にしました。電通がいかにブラックだとか、残業時間が異常だとか、労災がどうのこうのだとか。そしてある方がこんなものを紹介していました。そしてこの十則に関してはネガティブなコメントが半数以上を占めていました。鬼だとか死んでもっていう言葉に対してだったり、十則が鬼畜のようだとか、、、

 

f:id:meimitomochika:20161008064233j:plain

みなさんこれに関してどう思います?

 


ただちょっと待って下さい。感想を述べる前にこの言葉をきちんと読んでほしいんです。目ではなく心で。そして考えてほしいんです。この言葉が意味するものを。
それじゃあもう一度、今度はじっくりと読んでみてください。

 

 

 


何を思いました?何を感じました?

 

 

 

ご自身の現在と照らし合わせて少し気が重くなった方、まだ学生で働き始めたらこんな風に働かなきゃいけないのかと思われた方、電通に対しネガティブなイメージを持った方。現在の生活の環境や年齢、個々人の価値観により、反応は様々だと思います。


正直、自分は電通がどんな企業だとか今の日本の方がどれだけ残業を強いられてるのか詳しくは知りません。確かに日本の平均的な企業での就労時間が議論されるべきである、という意識はあります。しかし、今回の自分のお話の中では全く関係ありません。

この鬼十則に関して。この中で表現の方法として少々乱暴な言葉が使われてますけども。。だからと言ってこれが電通のブラック具合が異常だとか言われる物差しにはならないと思うんですよね。っていうかまずこのロジカル自体が通ってません(このロジカルの話になるとまたまた話が長くなってしまうので、またどこかでお話しさせていただきます)。

まずは自分のこの鬼十則に対する感想です。自分からしたらこの心構えは基本です。物事に取り組む上で。本当に自分を通したいなら、本当に自分を成長させたいならこれくらいして当たり前です。
今回は労災の件から引っ張り出されたこの電通の社訓ですが、背景が異なる状況で引っ張り出されていたらどんなコメントが寄せられているのでしょう?

例えば、、、
現在誰の目から見てもぐんぐん業績が伸びている評判の高い、さらには社員も生き生きとした様子で働いている会社アメイジング。企業の社長が取材されました。インタビュアーは質問します。
"昨今不況が続いている中、こちらの会社の業績だけは右肩上がりの状態が続いています。それだけではなく他企業、企業内の社員からも高い評価が出ていますが、何が企業アメイジングを支え、ここまで押し上げているのでしょうか?"
社長は答えます。
"うちは社員一人一人の質の向上を目指し、どの部署でも社員教育を徹底している。これがうちの社訓で、すべての社員がこれをメンタルの土台として何事にも取り組んでいます。なのでうちの社員はみんなタフですし、どんな状況も乗り越える力を持っています。そして全員が前に進み続けるからこそ、今この企業アメイジングがあるのです。"
と言って、インタビュアーに一枚の紙を渡しました。そう、あの十則です。もう一度読んでください。

f:id:meimitomochika:20161008064233j:plain

何だかこの社訓が急に輝いて見えませんか?

そうです。キーは"捉え方"です。
確かに、今現在置かれている場所・状況で辛い状態が続いている方、”この鬼十則のようにやれ!”というのはまさに鬼・地獄のように感じるかもしれません。でも並べられている文字だけを見るのではなく、これを作った人はどんな人で、どんな生き方をして、どんな経験からこの言葉が出てきたのか、何を伝えようとしているのか、もっともっと奥深くまで吟味してください。この十則が作られた時の時代の背景は?環境は?
色々あるはずです。この十則はただのヒントに過ぎません。何をどう感じるかはあなた次第。

鬼十則、社会の中で働くことに限らずどんな環境でも。今あなたがやっていることが他の誰かのため、例えば会社、グループ、友達、家族のためだとか、頑張る理由が自分以外の場合。きちんと考えてみて下さい。何故それをやっているのか。それは誰のためなのか。今現在自分がやっていること、やり方を通して何を自分は得ているのか。今現在の状況、それでいいのか。自分の芯がしっかりと確立していないと、そのうち何のためにやっているのか、なぜ自分自身をそこまで追い込んでいるのかわからなくなります。そして最終的にはあなた自身が潰れてしまいます。そうならない為にも、もっともっと自分自身と向き合う時間を作ってください。そして誰かの発言・メッセージなど。発信者の言葉を読んで下さい。そして考えてみて下さい、何が裏側にあるのか。また違った景色が見えるはずです。

 

裏を見るというのはこういうことです。
望遠鏡を逆から覗いた時にどんな景色が見えますか?

f:id:meimitomochika:20161008070711j:plain