読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meimitomochika’s blog

I just wanna be happy

自由な人生- I am the master of my fate, I am the captain of my soul-

幸せについて2

LIFE PHILOSOPHY

Hey friends! how're you doing?

(へーいみんなー!調子はどう?)

 

前回の記事の引き続きと言ってはなんですが、最近本当に毎日幸せなんです。
と言うと、皆さんめいみの身の回りでは良いことばかりが起きていると思うかもしれませんが、そういうわけではありません。どちらかというと些細なストレスからメンタルがやられるような事、常にあります。言い出せばきりがありません。

例えば、

  • 家にとにかく猫が沢山います(そして彼らは放し飼いのような状態で、猫用の小さい出入口も玄関にあるので常に外と中とを行き来しています)。そしてそのうちの1匹が家中に糞をして臭いし汚いし、生まれて初めて猫を心底嫌いになりそうな現在。
  • 誰かの家にステイする、ということで自分のリズムで生活が送れない。
  • 言葉の壁(これは海外生活を経験した事がある方なら身に染みて分かっていただけると思います。言葉が分からない、伝わらないもどかしさ。友人関係や仕事上でコミュニケーションが取れないということがどれだけ大変か)。
  • 新しい環境で慣れないことに対する苦労。

本当に挙げればいくらでも出てきます。

しかしですね、じっくりと考えてみるとこれらは”ただの無いものに対する欲求なんです。分かりやすく上の例を解説すると、

  • 猫がそこら中にいる、誰かの家にステイすることで出来ない自分の生活のリズム
    →自分だけのスペースが欲しい
  • 言葉の壁や新しい環境での苦労
    →自分が問題なく生活できるようになりたいという欲求

今挙げさせていただいた例だけでなく、人間自分が持っていないものにはとても敏感です。欲しいものに関する問いを投げかけられるとすぐになんでも出てきます。

例えば、

日本人の性格的に新しいものやブランドが好きですね。周りの変化や流行に敏感であることはとてもいいことだと思います。しかしそれを逆の角度から見てみるとどうでしょう?常に何かを求めている。これ欲しい、あれ欲しい、欲求はつきませんね。こんなこと書いていますが、過去は自分がまさにそのタイプでした。

f:id:meimitomochika:20170112203859j:plain

 

そして次は人間関係に当てはめて考えてみましょう、、、

  • 彼氏/彼女が…しない。
  • 夫/妻が…やらない。
  • 友人の誰々が…する。
  • 上司/部下が…。

という言葉をよく聞いたり、無意識のうちに口に出してしまってはいませんか?

これらは基本的には自分の意見とは違うことをする他人に対する不満ですね。
(頭の中での)他人への要求であると同時に、ある種の欲求でもあります。

  1. 人間誰しも自分の思う通りに物事が運んで欲しいものです(無意識の中で理想を追ってしまいます)
  2. しかし、それが実現されなかった時に(理想と現実とのギャップに対して)、つい”不満”を持ってしまいます
  3. そしてそれを解消するための何かを欲しがります。それが欲求という形で現れるのです

わかりやすく絵に描いてみました。

f:id:meimitomochika:20170112203403j:plain

***今挙げた例ではとても極端になっていますが、あくまでも読者の方々にイメージをしてもらいやすくするためのお話です

 

今度は逆にみなさんが持っているものについて考えてみましょう。…とは言っても、こんなことをいきなり言われてもあまりパッとはイメージできませよんね。なので例を踏まえて一緒に考えてみましょう。
例えば、あなたが持っているものは何?と聞かれたら、すぐに返事をできるでしょうか?
思わず”え?”と止まってしまう方が多いのではないかと思います。

何故か?

それは私たちが持っているものが普段の生活の中で当たり前になっているから。そして私たちは普段から、ないものについて考えることが多いけれども、あるものに対してはあまり注意を向けないですよね。だからパッと出てこないんです。

最初では人間の欲求に関して解説してみましたが、今度はそれとは真反対のものについて話を進めましょう。私たち日本人に焦点を当てて、”通常の日本人が持っているものという角度から。

日本って世界の中でも相当恵まれている国です。でも何が恵まれているのでしょうか?日本人は何を持っているのでしょうか?普段の生活でそれらを意識する機会はあまりないかもしれませんが、世界中には今から挙げる中の何一つ持っていない方々も沢山います。彼らから見て、今現在私たちが持っているものは何でしょうか?

 

  • 健康な体
  • 家族
  • 友人
  • 食べ物
  • 仕事
  • 学校
  • 平和で便利な日常生活

いかがでしょうか?
これらについて意識したことあります?


これらは当たり前になってはいけない、けれども当たり前になってしまいがちなものたちです。

一番始めに触れさせていただいた自分自身の話に戻りますが、アメリカでもここフランスでも大変なことは沢山あります。特にアメリカでホームレスになりそうになった時期、フランスで仕事が2ヶ月以上見つからなかった時期、本当に苦しかったです。しかしこれらの期間は住む場所があること、仕事があることが当たり前になっていた自分に気づきを与えてくれました。そしてアメリカとフランスでの生活を通して、言葉を交わすことが出来るという幸せ、言葉が通じなくても一緒にいてくれる友人や周囲の人たちのありがたさを感じました(現在も日々感じています)。自分が知っている言葉が全く通じない国に住むということは、人との繋がりのありがたさや人の温かさを改めて気付かせてくれる機会になります。そして最後に、親と離れて住むことで、どれだけ親が自分のためにしてきてくれたか、心の底から理解できるようになりました。

家族がいることに対する感謝、仕事があることに対する感謝、好きなこと(自分の場合はサッカー)をさせてもらえる環境にいれることに対する感謝、住む場所があることに対する感謝、友人や職場の人たちに恵まれていることに対する感謝。これらがあるからこそ今の生活があるということ、どんなことがあってもこれだけは絶対に忘れてはいけません。そして自分の持っているものを知るということはあなたの日常を数百倍にも幸せにしてくれます。

何かが欲しい、もっともっと良いものを、という欲求が悪いだなんて一つも思いません。自分も欲しいものは沢山あります。時計やスケボー、ネックレス、靴、などなど。そして自分自身もっと質の高い生活にも憧れます。しかし、その欲しいものに夢中になりすぎて、自分の持っているものを忘れてしまうことは良くないことだと思います。意外とあなたの持っているものは他人にとって羨ましいものであったりします。例えばあなたの身の回りにいる大切な人たち、いつまでもいるものだと思わないでください。人生いつ何が起こるかなんてわかりません。だからこそ、今あるものを大切にしてください。ないものばかりに気をとられて、本当に大切なものを見失わないようにしてください。それが、今日の皆さんへのメッセージです。

 

長くなってしまいましたが、今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。
これからも更新はまばらになってしまうと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
それじゃあ皆さん今日も良い1日を!!
チャオー!

f:id:meimitomochika:20170112221437j:plain